ヘアーカラーしみないようにするには

カラー剤が頭皮にしみる原因としては カラー剤に含まれているジアミンが頭皮と反応してかぶれます。 ジアミンが入っていない物を使用するか(染まりにくい) 以下のことを注意しながら染めるとしみにくくなります。

 

  対策方法として4つ紹介します    

 

1.染める前日や当日はシャンプーをしない  

美容室前にシャンプーをし、綺麗にしてくる人がいますが 、頭皮は綺麗な状態ほどカラー剤がしみてしまいます。  頭皮を守る皮脂がシャンプーによってなくなってしまい、カラーがしみやすくなります。  シャンプー時も爪によって傷ができてしまうので注意が必要です。   シャンプー剤も高級アルコール系のシャンプーや育毛シャンプーは洗浄力が強いので避けておいたほうがいいでしょう。  

 

 染める前に頭皮にガードオイルかトリートメント剤を塗ってもらう。

  頭皮のガード力を高めるためには、油分が必要です。 そこで頭皮にガードオイル、ミルボンのスキャルプサポートスプレー(スプレータイプで塗りやすい)などを頭皮につけてから染めると沁みにくいです。  ない場合は家にあるトリートメントを地肌につけると沁みにくいですが、つけすぎると染まりムラになるので注意が必要ですコンディショナーはコーティング力が強くカラーがムラになります。    

 

  パーマの後にカラーは沁みる  

パーマ後の頭皮は敏感になっているため、カラーが沁みやすくなっています。  毛先だけのパーマだと地肌に薬がつかないので大丈夫ですが、根元からかけるパーマの場合は頭皮の保護が弱くなっているため、沁みやすくなっています。  

 

 

   4 パッチテストをする  

パッチテストをしてもらいましょう。 美容室でお願いしたり、自分でカラーするときはこちらを参考にしてください   パッチテストの説明サイト   以上のことを注意し頭皮への刺激を減らしていきましょう AMAZONで口コミをチェックしたい人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  http://enhairsalon.jp/prevent-faded/   

 

今年の流行カラーの画像がたくさん見れる

 

http://enhairsalon.jp/color-2015aw/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

髪の毛の悩みを解決するために情熱を注いでいます。 少しでも悩みがなくなるようサポートし、お客様に喜んでもらうことを考える美容師です。 皮膚科の医学書とお医者様の話しから得た正しい知識を解りやすく、ブログで書いています。 清澄白河で美容室ポコイを運営しています!