髪にツヤを出す方法 

髪に艶を出すためにキューティクルのことを知りましょう。

今回はキューティクルの構造と艶を出す方法を説明していきます。

髪の毛は三層構造になっています

 

海苔巻を思い浮かべるとわかりやすいと思います。

表面から

1のり 2ごはん 3具  とすると

1キューティクル 2コルテックス 3メデュラとなります。

つまりキューティクルはのりの部分で髪の一番表面になります。

キューティクルは髪の外観に影響を及ぼします。

 

※写真のキューティクルはかなり傷んでおり、毛羽立っています。

左が根本で右が毛先です

キューティクル自体は透明なのですが、このように毛羽立つと艶が無くなります。
(艶の正体は光の反射なのでキューティクルを平にすると艶が出ます)

実際に毛先を触ってみると、この毛羽立ちを感じることができます。

このキューティクルの毛羽立ちを起こさないためにも、紫外線ドライヤーの熱の当てすぎや濡れているときのタオルの摩擦そして濡れている状態を長く保つことは避けましょう。

この毛羽立ちをなくしていくと髪はハリとコシそして艶を出します。

美容室でブローしてもらうとハリコシと艶がでますよね。
美容師さんはこの毛羽立ちを寝かしているのです。

写真は左が根本で右は毛先となっています
左から右にかけて細胞がかさなっていくのがわかります。

つまり根元から毛先に向けてドライヤーをあてていくとキューティクルの整列が整います。
ドライヤーを上からあて風を毛先に向かうようにしましょう。

アイロンを滑らす方向も根元から毛先にすると綺麗に整列します。

熱と風とテンションがツヤを出す秘訣となります。

日々のヘアーケアに取り入れてください

ブログトップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

髪の毛の悩みを解決するために情熱を注いでいます。 少しでも悩みがなくなるようサポートし、お客様に喜んでもらうことを考える美容師です。 皮膚科の医学書とお医者様の話しから得た正しい知識を解りやすく、ブログで書いています。 清澄白河で美容室ポコイを運営しています!